不妊治療

不妊症とは

不妊症とは、結婚して赤ちゃんがほしくて、正常な夫婦生活を営んでいるに、2年以上の期間妊娠しない状態のことをいいます。

 

最近、不妊症に悩む夫婦が増加傾向で、、赤ちゃんを望んでいる20〜45歳までの夫婦の約15%が不妊症とのことです。

 

不妊症の原因は様々で、女性側の原因と男性側の原因があり、その他に原因が全く不明の場合もあります。

 

女性側の原因としては、以下のものがあります。

 

排卵の障害
卵管の詰まり

卵管・卵巣の癒着
卵宮内膜異常

子宮発育不全
ホルモンの異常など

 

男性側の原因としては、以下のものがあります。

 

造精機能(睾丸)障害(精子減少症、乏精子症、精子無力症、無精子症など)
性交障害

勃起障害(いわゆるインポテンツ)
精管通過障害など

 

このように不妊の原因はいろいろありますが、一つの原因で妊娠できない場合と、いくつかの原因が重複している場合があるので、赤ちゃんを望んでいるがなかなか妊娠しないため、

 

「もしかして不妊症かも」

 

と思ったらなるべく早めに産婦人科を受診する事をお薦めします。

 

夫婦揃って受診する方が、そどちらか片方が病院へ行くよより早く、不妊の原因が明らかになる場合が多いです。

 

メンタル面を支えあう、という事もできます。

 

受診して、不妊の原因が何か分かれば、それに対しての治療が開始されます。

不妊かなと思ったらまずするべきこと

結婚して2年以上、子供を作るために正常な性交を続けているにもかかわらず妊娠しない時には、不妊を疑う必要があります。

 

不妊で悩む人は実は多く、10組に1組は不妊症とも言われています。

 

自分が不妊ではないか?と思ったら、女性であればまず基礎体温を測りましょう。

 

基礎体温の測り方は、目が覚めたらすぐに婦人体温計で横になったまま体温を測ります。

 

基礎体温は、不妊だった場合の治療に利用するデータとなりますので、できるだけ毎日、同じ時間、同じ条件で測りましょう。

 

基礎体温は正常では低温期・高温期と二相性を現します。

 

妊娠するためにもそうですが、不妊治療で使う基礎体温は大変重要な情報です。

 

産婦人科を訪れる際には、2〜3ヶ月程度の基礎体温表を持って行くといいでしょう。

 

産婦人科医は、その基礎体温表を参考にできますし、初診時から測り始めなくてすむ、という時間の節約にもなります。

 

 

男性の場合、不妊を疑っても特にしなければならないことは無いです。

 

 

注意点として、不妊治療をはじめる時は、夫婦で産婦人科を受診しましょう。

 

男性不妊が疑われる場合は、まず精子を検査する、精液検査を受けることになります。

 

この検査により男性側の問題のかなりの部分がわかります。

不妊症検査を日ごろから

不妊症の原因は日々の生活、体調など様々ありますが、これらにに気をつけることによって不妊であるという事に早く気が付いたり、改善を促すことがことができます。

 

 

生理痛がひどい、出血量が多い場合

 

この症状は、子宮筋腫。子宮内膜症など子宮の異常が考えられます。すべてが不妊の原因になるというわけではないですが、妊娠しにくく可能性はあります。

 

 

 

生理不順、月経時の出血量が極端に少ない場合

 

これらは子宮発育不全、ホルモンバランス異常、などが考えられます。対策をとらずにそのままにしておくと、と妊娠しにくく不妊になる確率が非常に高くなります。

 

 

 

妊娠中、授乳中でないにもかかわらず母乳が出る場合

 

 

高プロラクチン血症の可能性があります。高プロラクチン血症とは、脳下垂体からのホルモン(プロラクチン)が多く分泌されているで、排卵や生理が止まったり、着床(受精卵が胎盤にひっつくこと)しにくく不妊の原因となりえます。

 

 

 

これらの症状に早く気付ければ、不妊検査を早く受けることも、不妊治療を早く始めることができます。

 

さらに、偏った食事ばかりを摂っていないか食生活をチェックしたり、身体を冷やすような食品ばかり摂取していないかなどに気をつけることにより、体質改善を促し、不妊を助長する冷えを防ぐことが出来ます。

 

このように、体調チェックや生活習慣のチェックで、妊娠しやすい健康な身体つくりをしましょう。